【非公式掲示板イベント】狂愛


kyouai

イベント参加データ

イベントは終了しました。

『狂愛』イベント概要


ホワイトデーも終わり、次に迫るのはブラックデー!
恋人ができなかった人達の日です。

ですが、ジンコウガクエンの中には、少し変わった愛ゆえに、
ホワイトデーがお返しできなかった人もいるのではないでしょうか。

2015年4月30日まで、
狂愛をテーマにしたデータ投稿を強化募集中。

審査申請時の【コメント欄】に『狂愛』と記載して頂ければ、『イベント:狂愛』タグもつけちゃいます♪
(説明文に上記文言未記入希望の場合は『狂愛(記入不要)』と末尾に記入下さい。末尾のみ削除して掲載します)

心の闇・寝取り・ドM他、狂うような愛をテーマにしたものならなんでもOK。
皆さんで少し変わった愛の学園生活を楽しみましょう。

【開催期間】
2015年3月19日~4月30日まで

【アップロードは下記からどうぞ】
oricharaupbannar

parocharadataup

classdataup

狂愛 プロローグ

彼が転校した学園に、彼以外の男はいなかった。
そして、先生も不在だった。

どうやら、以前過ごしていた男性教員に不幸があったらしい。

「あの先生はいけない人だったから」

一人の少女がそう呟いた。

いけない人……何か問題でも起こしたのだろうか。

「私は知ってるよ。あの人は校舎裏でね……
 私をたっぷり犯したんだ」

そう告げるのは異なる少女。
彼女の顔つきは、その光景を思い出し、楽しむように微笑んでいた。

「まっ、そんなキミはお遊び。見ただろう、ボクと彼のエッチを。
 キミがボクラを見た特の顔、もう忘れられないよ」

そう告げたのは、異なる女性だった。
まるで人の玩具を当たり前に取り上げるように、
彼女に言い放つ。

「まっ、それだけ尻軽の先生だったってことさ。
 さぁ、少年くん。君は誰の愛を受け止めてくれるかな?」

クスクスと笑う姿の横で、一人だけニヤリと暗い笑みを浮かべていた。

「キミは……いけない人じゃないよね。
 私だけの物だから……」

ゾクリと背中を刺すような笑み。
この学園は何かがおかしい……そう感じながらも、
彼の学園生活は始まったのだ。

サンプルイベント

闇夜島学園

注意事項

*本イベントは非公式掲示板独自のイベントです。(公式とは一切関係ありません)
*イベントでは、ジンコウガクエンを楽しむきっかけ作りの一環でお題テーマを出しています
*ストーリーは世界観サンプルです。ご自由にクラスを制作下さい
*期間中でも、他データのアップ申請も受け付けております
*イベント参加キャラ・データはオリジナル・版権問いません

この記事・投稿に関して感想をポチッ(閲覧ソフトによっては投稿できないことがあります)
  • カワイイ (0)
  • キレイ (0)
  • カッコイイ (0)
  • エロい (0)
  • 面白い (1)

PR

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)