【オリキャラ掲示板】 深渕 咲綾

キャラ名: 深渕 咲綾 性別: 女性
各データ利用: 追加データの使用: アペンド1, アペンド2
改造: H好みの上限解放改造:改造あり
個性の上限解放改造:改造あり
キャラ能力: 個性: 心の闇・例の弱み
貞操: 普通 性愛対象 異性のみ
製作者: 新参者
キャラクター設定や製作者コメント
ふかぶち さあや
※ハイライトにbe-su.bmpを使用していますが、お好みで変更していただいてもOKです。

 遠縁の親戚に引き取られる形で山奥の村から引っ越してきた少女。虚弱そうな見た目をしているが、山育ちなため人並みの体力は持っている。
 ただ、学校生活では周囲に溶け込みにくく、壁を作っている節が見受けられる。不良生徒もそこに付け込んで、彼女を手籠めにしよう画策しているらしい。

・・・実は、彼女は生まれ育った村では由緒正しい神職の家系の巫女であり、「穢れ堕とし」と呼ばれる古来から伝わる村独自の慣習で村ぐるみで慰みものにされていた過去があるのだ。「穢れ堕とし」とは、人が鬼になることを恐れ、一人の巫女に対し村の男衆が総出で穢れ(性的欲望)を押し付け、巫女はその穢れを祈祷によって浄化させるというもので、その特異性から村から外に伝来することを禁じられた秘祭であった。

時には還暦を過ぎた村長
時には年端のいかない童子
時には同年代の若者たち
時には肉親である父親や兄弟たち

代わる代わる汚されていく彼女の心には人を根底から蔑視し嫌悪する「鬼」が住むようになった。

婿入りにより都会に出ていた親戚が事態を把握したことにより村から離れた後も彼女の中の鬼は育ち続け、いつしか彼女は自分の中の鬼を受け入れた。

カノジョがそこにいるだけで、男は欲情を沸きたてられる。
カノジョに触れられるだけで、男は身体を貪りたくなる。
カノジョの躰の味を知る度に、男は彼女から離れられなくなる。

カノジョの本性に気づいたときにはもう遅い、男はすでに舌の上。
舐められ、転がされ、かみ砕かれて、最後は彼女(オニ)の喉の奥。
そうしてカノジョは欲を満たす

だがしかし、彼女も表向きは年相応の女の子だ。
化粧もしたければおいしい食事もしてみたい。
そんな欲深い彼女が、穢される前から想い焦がれていた願いがあった

「―――嗚呼、咲綾もいつか―――」

――――――いつか、想い人と恋をしてみたいのです。

コメントを残す



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください